アイスブレイクとは?テレワーク会議を改善するアイスブレイクをすぐ使えるネタやゲームのテンプレートで紹介!

読み取り時間 : 約10分

トピック :

  • チームワークとコラボレーション
「これとあれ、どっち?」Zoom アイスブレイク (オンラインで変更するには画像をクリック)
ショーアンドテルテンプレート (オンラインで変更するには画像をクリック)

Lucidspark で盛り上がるアイスブレイクテンプレートを色々試して、つまらない会議にさようならしましょう。

試してみる

Zoomコラボアイスブレイクのテンプレート

多くの企業でハイブリッド勤務が取り入れられ、多くの従業員がテレワークを行う中、オンラインでの会話だけではつながりを保つのが難しくなりがちですが、Zoomなどのツールの力を活用すれば、全員が関わりを感じ、尊重されていると感じられるようにすることができます。このZoomベースの「これとあれ、どっち?」アイスブレイクでは、参加者は共通の画面にログインし、犬か猫、話すことか聞くことなど、反対のペアから選択します。メンバー全員が同じバーチャル空間で他のメンバーの回答を見ながら参加でき、短時間でお互いのことをよく知ることができます。

ショーアンドテルテンプレート

海外の小学校でよく使われる指導方法でチームメンバーに仕事以外の生活について共有してもらいます。Lucidspark のショーアンドテルテンプレートを使えば、参加者は趣味から旅行、家族やペットに至るまで、自分自身のさまざまな部分について語ることができます。参加者は自分に興味のあるカテゴリーを選択し、写真とテキストを追加することで自分について話すことができます。他のメンバーはテキスト、絵文字や GIF でリアクションができ、皆が大きなコミュニティの一員であると感じられます。

ビジュアルアクティビティを試す

ビジュアルアクティビティを行えば、ダイナミックでインタラクティブなアクティビティでメンバーを惹きつけてテンプレートをさらに活用でき、ディスカッションやチームの団結が促進されます。ほんの数秒で、意思決定や、話題のテーマへの投票、アイテムのランク付けのような、誰もが楽しめる簡単なアクティビティを行えます。アクティビティオプションを閲覧し、Lucidspark ボードに追加するだけで始められます。

働き方の好み

チーム内のさまざまな働き方の好みを探り、得意な分野、長所、苦手な分野を確認しましょう。このアクティビティを参考に、各メンバーとの最適なコミュニケーション方法を決めることができます。

お気に入りの映画

チームが一番好きな映画は何でしょうか?人気のある映画を含めてカスタマイズし、最悪から最高までランク付けします。投票後の楽しいディスカッションで、各自が選択の理由を説明できるようにしましょう。

聴きたい音楽は?

チームが最もよく聴く音楽のジャンルは何でしょう?このアクティビティでは、音楽のジャンルをランク付けして、結果を見てみます。驚くような内容になるかもしれません。好きなジャンルが見つからない場合は、アクティビティを始める前にオプションをカスタマイズしましょう!

誰もが参加できるソフトウェアを活用

アイスブレイクは、人々に参加する意欲がなければ、よいアイスブレイクとは言えません。ここでは、できるだけ簡単に参加できるようにするためのツールをいくつか紹介します。

Zoom

Zoom などのプラットフォームはコロナ禍で多くの企業を救い、オフィス業務の大部分がオンラインに移行できるようになりました。ただ、Zoom は単なる会議のオンライン化だけではなく、さまざまな背景を持つ従業員が、自分自身がチームの一員であり、重要な存在で、最新の情報が共有されていると感じられるようにする上で役立つ方法でもあります。オフィス勤務でもリモート勤務でも、全員で会議にビデオ参加すれば、皆が距離を超えてつながっていると感じられます。また、チャットや小グループ機能を使えば、普段会議に参加しない人でも貢献できるようになります。加えて、Zoomは他のプラットフォームと組み合わせて使用するにも最適です。ユーザーがゲームで遊んだり、投票に参加したり、視覚的にブレインストーミングを行ったりできるアプリを使用することで、絆を深め、さまざまな方法での参画を促進できます。

Lucidspark

Lucidspark には、最高の会議を実現するためのテンプレートが多数そろっており、オンラインでのコラボレーション空間に皆を集めるチームビルディングアクティビティやアイスブレイクが幅広く用意されています。感謝の気持ちを「感謝のビン」を使って共有したり、デジタル迷路で付箋を競わせたり、簡単で楽しいアクティビティで、新入社員とベテラン社員の友情とチームワークを構築するのに最適です。

Slack

Slack は、新入社員のオンボーディング、手短な状況確認、チームのつながりや文化の構築などをデジタルで行うのに役立ちます。Bored のようなアプリを使えば、チームは対面での雑談を楽しいアイスブレイクの質問やゲームに換えることができます。新たな仲間と1対1で競い合ったり、共有のリーダーボード上で全社で対戦したり、休憩中に1人でゲームを試したりできるほか、もちろんミームも使えます!

創造力を発揮する

チームを簡単にまとめられるプラットフォームやツールは多数ありますが、メンバーが盛り上がり、関わりを感じられることが重要です。テンプレートに縛られず、どんなアイスブレイクをしたいか、または他のメンバーに何を知ってもらいたいかについてチームにアンケートを行い、アイデアを思いついたら積極的に試してみましょう。唯一のルールは、楽しみ、積極的に参加し、皆で一緒に取り組めるように支援することです。

自己紹介アイスブレーカー (オンラインで変更するには画像をクリック)

職場での会議は一般に評判が悪く、不要、長すぎる、退屈と思われていることがあり、どれも正当な批判と言えます。リーダーは通常、厳格なトップダウン方式で会議を行い、出席者を巻き込んだり、チームメンバーの専門知識や創造性を活用したりするための努力をあまりせずに、単に議題を順番通りに進めていきます。

しかし、よい会議は単にメッセージを伝え、ToDoリストの項目に終了の印を付けるだけのものではありません。よい会議は、居心地がよく、参加者が尊重されているという感覚を持つことができ、共通の目標に向かってつながりを築くものです。

このように会議をうまくスタートさせるには、アイスブレイクの導入が効果的です。アイスブレイクを行うことで、会議が始まった時点から雰囲気が決まり、参加者の間に率直さ、創造性、信頼が生まれます。以下では、アイスブレイクの概要とアイスブレイクが機能する理由を検討し、誰もが尊重されて自分の話を聞いてもらえると感じられるようなバーチャル会議を実現するためのアイスブレイクのネタをいくつかご紹介します。

アイスブレイクとは?

アイスブレイクとは、社会的交流を促進し、仲間意識を高めるためのアクティビティやゲームを指します。特に全員が互いを知らないグループでも、その後で効果的に協力し合えるように場を盛り上げます。つまり、アイスブレイクとは人が集まる場で、気まずさという「氷を砕き」、互いに打ち解けられるようにするためのものです。

アイスブレイクを取り入れる理由

アイスブレイクは楽しいものですが、なぜスムーズな会議に欠かせないのでしょうか?

チームメンバーの間につながりを築く

仕事ではやるべきことがたくさんあるため、よく一緒に仕事をしている人がいても、その人がプライベートではどんな人なのか、モチベーションの源は何なのか、どんな独自のスキルや視点で業務に貢献しているのか、などはまったく知らないということになりがちです。テレワーク勤務の環境では、特にやっかいな状況になる可能性があります。多くの人が出社することもなく、従来あったはずの交流の機会も廃れてしまったからです。

アイスブレイクから会議を始めると、勤務時間中に職場で一緒に時間を過ごしている人のことを知る機会が生まれます。趣味について質問したり、一緒に簡単なゲームをしたりすることで、普段仕事ではできないような方法で自己紹介できる場ができます。また、社交的な人も控えめな人も、新入社員もベテラン社員も、あらゆるタイプの人が会話に参加していると感じられます。また、チームリーダーが、日常業務の場ではできない方法でチームメンバーの性格、スキル、学習スタイルを確認できるようになる点もプラスです。

最も重要なのは、優れたアイスブレイクでメンバーがお互いを知り、今取り組んでいる仕事を楽しめるようになることです。その結果、すばらしい仕事につながる可能性が高まります。また、お互いに信頼を築け、アイデアを共有したり、建設的な批評をしたり、他の人と協力したりしやすくなります。

ToDoリストに取りかかる前に、ミーティングをうまく始める

会議が嫌いな人はたくさんいます。実際の仕事の邪魔になるから、説教された挙げ句に何の進展もないまま終わる可能性があるからなど、理由はさまざまです。チームリーダーは、魅力的で、協力的で、目的があり、楽しい会議を開催することで、こうした不満を和らげることができます。

会議をうまく終えるようにするには、会議をうまく始めることが重要です。事前に計画した指示や最新情報のリストに沿って会議を始めるのではなく、他の参加者のアイデア、主体性や取り組みを奨励し、皆の長所を引き出すのを助けるファシリテーターとして会議に臨むようにします。こうした協力的なチームの精神を育むには、会議のアイスブレイクほど役に立つものはありません。

数分かけて全員がお互いのことを知るようにしましょう。ときにはただ冗談を言うだけでも、参加者の気分が大幅に和みます。こうすることで、皆がリラックスして仕事にもっと自分らしく取り組めるようになり、会議の他の議題にも熱心に、関心を持って取り組めるようになります。

仕事中にひと休みの時間を挟む

出社するのは仕事をするためですが、人間はロボットではありません。終わりのない大量のタスクが1日中続くと、疲れ切って、生産性とやる気は急激に低下します。だからこそ、仕事の中に楽しみを取り入れて、気分転換してリラックスしたり、交流したり、何か新しいことを学んだりできるようにすることが重要です。会議の初めにアイスブレイクを取り入れることで、メンバーがモードを切り替えてチームワークに全力で取り組む時間を設けることができますが、1日の好きな時点でアイスブレイクをして、皆で集まって楽しい質問に答え合ったり、簡単なゲームをしたり、テクノロジーを使ってテレワーク勤務や出社しているチームメンバーがその日の気分や目標をGIFで投稿したりするのも効果的です。

楽しい時間を過ごして人間関係を深めるために少し休憩時間を設けることで、メンバーはペースを整えて、燃え尽き症候群を避け、有意義な方法で他のチームメンバーとつながることができます。

アイスブレイクをより効果的にする方法

盛り上がるアイスブレイクがあれば、チームの仕事がより楽しく、有意義なものになるのは確かですが、自分のチームに最適なアイスブレイクを選択したり、最適なゲームや適切な質問を見つけたりするにはどうすればよいでしょうか。こんな時のために手助けしてくれるツールがあります。

テンプレートを使用

他の企業が有益な会議を行い、メンバーをチームに関与させるように支援することを業務とする企業は多数あります。Lucidsparkには、さまざまなレベルのメンバーを引き込むテンプレートが多数用意されており、会議をうまく始めるのに役立ちます。Lucidsparkのアイスブレイクテンプレートを3つ見てみましょう。

自己紹介テンプレート

会議の初めに、Lucidsparkの使いやすい「質問で自己紹介」テンプレートを開いてチームを招待します。上部にプロンプトを含む一連のボックスを設定でき、質問は好きなだけ追加できます。「もし自分がスーパーヒーローだったら、どんな超能力を持っている?」「ディナーに一番招待したい有名人は誰?」「もし可能なら、すぐにマスターしたいスキルは何?」などとメンバーに質問できます。

新しいアイスブレイクの質問を思いついた場合は、ユーザーが独自のボックスを追加できるようにします。参加者は、バーチャル付箋を使って答えを書いたり、写真やGIFを使って詳しく説明したりでき、最後にメンバーに絵文字やテキストにリアクションしてもらいます。ほんの数分で、一緒に働くメンバーについて知らなかったことを知ることができます。

About Lucidspark

クラウドベースのバーチャルホワイトボード、Lucidspark は、Lucid Software のビジュアルコラボレーションスイートのコアコンポーネントで、チームが集まり、ブレインストーミング、共同編集、グループでまとめた思考を実行可能な次のステップに統合するための作業をすべてリアルタイムで行える最先端のデジタルキャンバスです。Lucid は、Google、GE、NBC Universal などの顧客や、Fortune 500 企業の 99% を始めとする世界中の主要企業にサービスを提供しています。Lucid は、Google、Atlassian、Microsoft などの業界の主要企業と提携しており、創業以来、製品、事業内容と企業文化を称える各種の賞を多数受賞しています。詳細は lucidspark.com を参照してください。

関連する記事

大切な全ての人の「アイデア」を Lucidspark でひとつに。

無料ではじめる

または以下の方法で続行

Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

利用開始

  • ご利用プラン
  • 個人向けプラン
  • チーム向けプラン
  • 企業向けプラン
  • お問い合わせ
プライバシー法的事項クッキー

© 2024 Lucid Software Inc.