PINGDOM_CANARY_STRING

共感マップの作成
作り方ならスパーク

最高のアイデアを作り上げたい、次世代のチームワークを求めるあなたの為のオンラインホワイトボードです。 今すぐ無料のトライアルに登録しましょう。

無料で試してみる
共感マップの作り方、デザイン、テンプレートならLucidspark

共感マップで完璧なペルソナの感情と状況の理解

  • ユーザー視点から変わるペルソナ

    サービスやプロダクトの改善に役立つ共感マップ

    企業、製品やサービスに関してポジティブな印象を顧客に届けられるようにするには、共感マップを活用しましょう。顧客の「発言」「思考」「行動」「感情」を表すフレームワークを作成し、ユーザーの行動を記録することで、ユーザーの抱える問題点を特定し、顧客のニーズについてコンセンサスを確立して、解決策に向けてチームで前進することができます。Lucidsparkを活用して、ユーザーの感情をより素早く理解し、自社のサービスや商品の改善を実行しましょう。
     

  • ワンクリックで作成できる共感マップ

    共感マップの作成を手軽に

    Lucidspark なら、共感マップのテンプレートを選択してフレームワークの作成をオンラインでカンタンにスタートできます。無限のキャンバスに考えや発見した内容を思いのままに書き込めば、チームが必要とする情報を一か所に集約した共感マップが完成します。フリーハンド描画、画像や付箋、さらにカスタマージャーニーマップなどの顧客インサイトテンプレートを追加すれば、最高のユーザー視点や感情と合わせたサービスや商品の改善に役立ちます。
     

  • チームで使える共感マップテンプレートと事例

    チームで使える共感マップテンプレートと事例

    Lucidsparkなら、共感マップ専用のテンプレートや事例を豊富に提供しています。全てのテンプレートは、リアルタイムでチームと一緒に編集する事ができ、顧客の期待する内容をテンプレートからチーム全体で確実に認識できるようになります。コメント、@mentions、ライブ投票、製品内チャットなどのコミュニケーション機能を活用することで、今後対応すべき改善点をチームで特定するのも手軽に。また、共同編集者を色分けして各自の編集内容を区別したり、フォロー機能で個別の共同編集者を追跡して最新の編集内容を確認することもできます。
     

  • 豊富な連携サービスでパワフルな共感マップのデザインを

    豊富な連携サービスでパワフルな共感マップのデザインを

    作成した共感マップを普段お使いのアプリに組み込めば、チームで日々愛用するアプリでマップの活用が可能に。オンライン共感マップを Google Drive にエクスポートすれば、分析内容へのアクセスや編集、共有も簡単になります。作業内容は自動で同期され、失われる心配もありません。また、チームの Slack チャンネルや Microsoft Teams にマップを挿入すれば、次回のペルソナブレインストーミングを始めるのもスピーディに。。
     

共感マップの作り方

1

ペルソナ調査内容を整理

顧客やユーザーに関するすべての関連調査データをまとめます。インタビュー、アンケートデータ、カスタマージャーニーマップなどがこれに含まれます。

2

共感マップのテンプレートを活用する

共感マップテンプレートでマップの作成を始めます。また、Lucidsparkに4つのコンテナーを追加し、「発言」「思考」「行動」「感覚」のラベルを付けて開始することもできます。

3

ペルソナの要素を追加する

顧客の問題点 (解決したい問題) と利益、こうした問題に関し考えうる解決策について、2つのセクションを追加します。

4

質問をリスト化し、回答をブレインストーミング

共感マップの各セクションにつき、具体的な質問のリストを作成します。チームでマップの各セクションのアイデアをブレインストーミングします。

5

完成した共感マップを共有

最終版のマップを確認し、参加者に体験に関する感想を追加してもらいます。これにより、企業、製品やサービスに対する見方が変わったかどうかを尋ねます。

共感マップに関するFAQ

共感マップのテンプレートを使ってみる

カスタマージャーニーマップテンプレート

カスタマージャーニーマップ

Lucidspark が進化する企業に最適なバーチャルホワイトボードソリューションである理由をチェック

もっと詳しく
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.