PINGDOM_CANARY_STRING

SWOT分析で戦略目標の可視化

最高のアイデアを作り上げたい、次世代のチームワークを求めるあなたの為のオンラインホワイトボードです。 今すぐ無料のトライアルに登録しましょう。

無料で試してみる
動画を見る
SWOT分析と環境分析ならLucidsparkで

戦略目標を具体化するSWOT分析ツール

  • 自社の製品の可能性をSWOTで可視化

    自社の製品の可能性をSWOTで可視化

    LucidsparkでSWOT分析を行えば、自社に影響する可能性がある強み、弱み、機会や脅威を一つ一つ評価することができます。Lucidsparkなら、事業運営の改善、戦略的な意思決定のブレインストーミングや戦略立案にも活用が可能に。市場シェア拡大につながる顧客成長、製品や追加サービスのための新たな機会を見出し、洞察を行動へと導くことができます。 

  • SWOT分析をわずか数分で調整

    SWOT分析をわずか数分で調整

    Lucidspark の SWOT 分析ツールを使えば、チームの業務の必要性に合わせて実用的な分析を即座にスタートできます。空白のキャンバスを開始点にゼロからオリジナルの企業分析を作成するほか、既存の SWOT 分析テンプレートをカスタマイズして時間を節約することも可能。付箋、図形、画像、テキストやフリーハンド描画などを追加して、外部や内部の環境分析をホワイトボード上で展開させていきましょう。外部リンクや追加情報を加えれば、分析を行動に落とし込むのもスムーズです。 
     

  • アイデアを共有してチームでSWOT分析

    アイデアを共有してチームでSWOT分析

    Lucidspark を活用すれば、戦略の実現に向けてチームと方向性を定める作業もシームレスに。作成したフレームワークを共有するだけで、勤務場所に関わらずリアルタイムでチームメンバーとのコラボレーションが実現します。コメント、@mentionsや絵文字リアクションを SWOT分析に追加すれば、洞察の共有やフィードバックの収集も手軽。共同編集者を色分けして更新内容を整理するほか、個別にフォローして編集内容をもれなくチェックすることもできます。 
     

  • お使いのアプリと連携できる

    お使いのアプリと連携できる

    Lucidspark の連携サービスを使えば、チームの分析を次の段階に進めるのも簡単。分析を Zoom や Microsoft Teams上での共有・同期してビジュアルを管理すれば、作業内容が失われる心配もありません。また、SWOT 分析をチームの Slack チャンネルに直接挿入して共有すれば、共同編集者と一緒にブレインストーミングをすぐに始められます。さらに、Lucidchart へ分析をエクスポートして洗練されたビジュアルに仕上げ、Lucidspark へ戻せば、SWOT 分析の検討を続けることができます。 
     

SWOT分析のやり方ステップガイド

1

ゼロから作図を開始するか、SWOT分析専用のテンプレートを利用

空白のキャンバスから SWOT 分析を開始し、強み、弱み、機会や脅威のラベルを付与したコンテナーを追加します。また、時間を節約し、構造的に分析を進めるためにテンプレートを選択することもできます。

2

内部要因を記入した付箋を追加

付箋を使用して、分析の「強み」と「弱み」の象限 (内部要因とも呼ばれます) を入力します。

3

さらに外部要因を記入した付箋を追加

「機会」と「脅威」の付箋を追加していきます。これらは、組織で制御できない外部要因となります。

4

SWOT 分析を共有

関係者とホワイトボードを共有し、ビジネスに影響を与える可能性のある要因についてフィードバックを求めます。

5

最終版を完成

SWOT 分析作成ツールを使用して、組織全体でプレゼンと共有に使う最終版を完成させます。戦略に関する作業を続行するには、完成したビジュアルを Lucidchart にエクスポートしましょう。

SWOTに関するよくある質問

戦略目標の引き出しなら「Lucidspark」

SWOT分析専用のテンプレートを使ってみる

SWOT 分析テンプレート

SWOT 分析

Lucidspark が、進化し続ける企業向けの仮想ホワイトボードソリューションである理由をご覧ください

もっと詳しく
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシーリーガル
© 2021 Lucid Software Inc.