グループでのブレインストーミング

ブレインストーミングツールで情報を整理する方法

読み取り時間 : 約0分

ブレインストーミングは、アイデアを生み出し、創造性を高め、新しい視点を生み出すための最も一般的な方法の一つです。次回の企画会議を準備する際には、ブレインストーミングツールLucidspark でブレインストーミング演習を設定してみましょう。メンバーが考えを書き込んだ付箋を自由にボードに貼り付けることができます。

ただ、ブレインストーミングが終わってみると、ホワイトボード中に大量のアイデアが溢れかえり、パターンを見つけたり、効果的に次のステップを進めにくくなりがちで、アイデアを有意義な洞察へとまとめるのは容易ではありません。

この記事では、グループでブレインストーミングを行うメリットとデメリットに加え、Lucidspark のマジックソート機能を使ってブレインストーミングのアイデアをまとめるコツとまとめ方を説明します。

グループでのブレインストーミング

グループでのブレインストーミングと計画のメリット

会議では頻繁にブレインストーミングが行われますが、それにはもっともな理由があります。ブレインストーミングは、チームの創造的思考を引き出すだけでなく、メンバーの積極的な参加を促します。ブレインストーミングのメリットには以下のようなものがあります。

  • 多様な視点が得られる : 参加者からユニークで新鮮なアイデアが集まります。
  • 偏りを避けられる : 所属部門や属性の異なる参加者を集めることで、偏りが抑えられます。ブレインストーミングでは、すべてのアイデアが有効であり、歓迎されます。
  • 全員の意見が聞ける : ブレインストーミングでは、リーダーや声の大きい参加者がその場を支配することなく、全員が参加することができます。
  • チームの支持が得られやすい : チームで共に問題を解決することで、より強い関係を築き、プロジェクトや成果を自分ごととして捉えられるようになります。効果的なコラボレーションと生産性の向上にはチームの強力な関係が不可欠です。

上記はブレインストーミングのメリットのほんの一部です。詳細については、グループでのブレーンストーミングの長所と短所を説明したこちらの記事を参照してください。

グループでのブレインストーミングと計画のデメリット

ブレインストーミングがチームにとって有益なことは確かですが、グループでのブレインストーミングには固有の課題もあります。先程紹介したデメリットを詳しく説明するため、ブレインストーミングで起こりがちな課題を深く掘り下げてみましょう。

アイデアが多すぎて構造性に欠ける

ブレインストーミングはアイデア出しには最適ですが、収集がつかなくなることもあります。構造性がないとセッションの生産性が落ち、実用的なアイデアが生まれてきません。

ある種の仕組みがないと、各人が好き勝手に参加することになり、声の大きい参加者が多数の発言でその場を独占したり、方や圧倒された参加者が黙っていたり、やる気を失ったりということにもなりかねません。

アイデアをすばやく整理するのが難しい

ブレインストーミングは短時間で終わるため、新しく出されたアイデアを手作業で分類するのは困難です。一つ一つのアイデアを手作業で整理するのは面倒で、会議の付加価値も下がってしまいます。

アイデアの整理に貴重な時間が奪われる

時間には限りがありますので、がむしゃらに手を動かすのではなく、スマートに作業を進めるのが大切です。ブレインストーミングに割り当てられた時間の大半がアイデアの整理に取られてしまうと、結果を議論するのに別の会議の設定が必要となり、スケジュール調整の手間も増えます。

次のステップが不明なまま会議を終えてしまうことがある

多数のアイデアが出されても、そのデータが情報として解釈されなければ意味がありません。ブレインストーミングはランダムに進むため、アイデアを実現するための方向性や行動計画がないように感じられることがあります。次のステップが不透明だと、会議の生産性が下がり、時間の浪費につながるだけでなく、最終的には費用面での損失につながります。

ブレインストーミングのアイデアを効果的にまとめる方法とコツ、まとめ方

ブレインストーミングの問題点について説明したところで、次はその解決方法、マジックソート機能の紹介に移りましょう。ブレインストーミングツールであるLucidspark のこの機能を使えば、大量の情報を自動的に合成でき、データの精査に集中できるようになります。マジックソートには以下のような機能と特長があります。

  • 付箋をテーマごとに自動的にクラスター化
  • 信頼度の低いノートはクラスターに加えず残す
  • 付箋を再度並べ替えるとマジックソート機能の信頼性がアップ

したがって、次回のブレインストーミングでは、アイデアを数秒で分類して改善することができ、チームとのコラボレーションに集中できるようになります。

マジックソート機能の使い方

グループでのブレインストーミング

マジックソートを使うべき理由が理解できたところで、チームで効率的なブレインストーミングをする方法とまとめ方を見ていきましょう。

  1. まず、通常のブレインストーミングと同様にチームの Lucidspark ボードに付箋を貼っていきます。
  2. 決められた時間にタイマーをセットしてブレインストーミングを始めます。
  3. タイマーが停止したらマジックソートボタンを押すとメモが自動的に分類されます。この後、機械学習を強化するため、さらに並べ替えや分類を行うのもおすすめです。
  4. ここから、お気に入りのアイデアにタグを付けていきます。気に入ったアイデアには絵文字を追加しましょう。コラボレーションの醍醐味が感じられるはずです。タグの付け方のヒントはこちらの記事を参照してください。

ブレインストーミングツール Lucidsparkのマジックソート機能でシームレスなブレインストーミングとコラボレーションを実現しましょう。

Lucidspark でアイデアを分類する方法をステップ別のガイドで説明します。

マジックソートの詳細を確認

Lucidspark でアイデアを分類する方法をステップ別のガイドで説明します。

マジックソートの詳細を確認

今人気

Zoom’s Lucidspark Zoom App integration

Zoom + Lucidspark連携でさらに充実したコラボレーションを実現

Lucidspark について

Lucidspark はオンラインホワイトボードワークスペースで、あなたとあなたのチームが協力して、最高のアイデアを生み出す事が実現します。チームワークやオンライン会議に必要な付箋やフリーハンド描画機能、画面フォロー機能や無限スペースも全て万全。Lucidsparkを今すぐ活用して、全てのチームをひとつにつなぎましょう。

フォーチュン 500 企業の 99% を始め、世界数百万人のユーザーに選ばれる信頼のパートナー、Lucidchart のメーカーが提供。

利用開始

  • ご利用プラン
  • 個人向けプラン
  • チーム向けプラン
  • 企業向けプラン
  • お問い合わせ
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.