ビジュアル指導戦略

視覚学習戦略で学習効果を最大限高める方法

読み取り時間 : 約1分

リモート授業やハイブリッド授業のニーズが高まる中、視覚=ビジュアルを使った学習の重要性と難しさに注目が集まっています。通常の対面授業への回帰が進む中でも、さまざまな学習環境でデジタルとハイブリッド学習のアプローチが引き続き必要となると考えられます。

視覚学習は、魅力的な授業を実現し、生徒が情報を保持する能力を高める上で重要な役割を果たしますが、その実践は必ずしも簡単ではありません。

テクノロジーの活用から教室での効果的なビジュアル指導の採用まで、視覚的に魅力的な形式でカリキュラムをうまく進めることに苦心している先生方も多いことでしょう。

幸い、適切なツールと戦略があれば、ビジュアルや視聴覚を授業に組み込み、本当の意味で視覚的な授業を教室内、リモートやハイブリッドの環境で実現することは可能です。

この記事では、ビジュアルを学習や教育、指導に活用するメリットと、効果的な学習のためのヒントや戦略、教材や資料をご紹介します。

視覚学習とは?

新しい情報や概念を教え、学ぶには、さまざまな方法があります。従来の教室での授業は文章の読解や暗記、説明を中心としたものでしたが、現在の教育現場には、教室内での活気を高め、生徒とつながるために役立つツール、テクノロジーや指導方法が多数揃っています。

この中でも、最も効果的で便利なのが視覚学習 (視覚教育) で、その名のとおり、情報を視覚=ビジュアル形式で示すことで、生徒が新しい概念を理解し、アイデアをつなぎ合わせ、クリティカルシンキングを実践できるアプローチです。

視覚学習のメリット

学習法という概念は今では否定されていますが、情報を教え、学び、処理するのに複数の方法が存在することには変わりありません。視覚習も、生徒が情報に触れ、それを保持する上で効果が実証された戦略の一つです。

視覚学習戦略を実践することで、生徒に以下のようなメリットを提供できます。

  • 複雑なアイデアや抽象的なアイデアを視覚化する
  • 注意力を向上させる
  • 情報の定着率を高める
  • より効果的に情報を整理する

実際に、脳がビジュアルを処理する速度はテキスト処理速度の6万倍に達し、ビジュアルは生徒の学習効果を最大で400%向上させることができます。これを念頭に、教える側は視覚=ビジュアルを活用して指導を強化し、カリキュラムの質と生徒のやる気を高める必要があります。具体的な方法としては、動画でのプレゼン、グラフィックオーガナイザー、図、コンセプトマップ、コラボレーションと想像を通じたインタラクティブな視覚学習などが挙げられます。

視覚学習のための5つの戦略とヒント

ビジュアルを取り入れることで学習効果が高まりますが、視覚学習戦略のすべてが効果的なわけではありません。デザイン性の低いビジュアル、汎用のグラフィックやストック画像、低品質の画像などを取り入れると、学びの質が低下し、生徒の注意が重要なメッセージから逸れてしまいます。

では、視覚学習戦略を確実に成功させるにはどうすればよいでしょう。

最初にこれらのヒントを試してみましょう。

1. バーチャルホワイトボードをコラボレーションと共有に活用する

教室での指導にビジュアルを取り入れることで、講義を強化し、ポイントを効果的に説明することができます。生徒たちが共同で実践的に取り組めるビジュアル教材を用意しておくことで、概念が頭の中に定着しやすくなり、生徒が問題解決やクリティカルシンキングのスキルを応用できるようになります。

教室でのコラボレーションと共有を推進するには、バーチャルホワイトボードなどのデジタルツールを使ってみましょう。 

リアルタイムで作成、共有やコラボレーションできるバーチャルホワイトボードは、対面での授業とリモート授業のどちらにも適していますが、やり取りを効果的に進めるのが難しいハイブリッドやリモート学習環境では特に便利です。

Lucidspark を使えば、生徒全員がリアルタイムまたは非同期で授業に出席し、参加しやすくなり、問題解決スキルを練習し、創造力を発揮して新しいアイデアを図解して共有するためにも最適です。

Lucidspark のバーチャルホワイトボードなら、無制限のキャンバスで自由に思考を整理し、情報をプレゼンしたり、メモを取ったりすることができます。さらに、付箋の色分け、すぐに使えるテンプレート、@mentionsなどの機能で、生徒と教師がプロジェクトや授業を通して簡単にコミュニケーションを取り、進捗状況を確認することができます。

ビジュアル指導戦略

2. 生徒に学んだ内容をビジュアルでプレゼンさせる

ビジュアルの使用は教師が効果的に情報を伝える上で役立ちますが、生徒側から見ても、自分自身が教えることを通じて学ぶことが、効果の高い教育方法として実証されています。カリフォルニア大学のある研究によれば、「学生が実際に講義の内容を教えると、こうした指導を行わない学生に比べて教材をより深く理解でき、その理解が長期的に保持される」そうです。

情報をビジュアルで共有し、プレゼンすることで、学んだ内容を発表するよう生徒に促しましょう。

ビジュアルでのプレゼンには以下のような方法があります。

  • PowerPoint スライド
  • ダイアグラム(作図)
  • グラフ
  • コンセプトマップ
  • 注釈付きのビジュアル

データやアイデアを視覚的に表現することで情報の定着度が高まり、概念を分かりやすいビジュアルに整理することで、複雑なテーマに対する理解度を示すことができます。

3. デジタルメディアで複雑な概念を伝える

動画などのデジタルメディアは、授業に取り入れる視聴覚教材として最適です。見る側に語りかけるような、高品質で魅力的なコンテンツを用意するようにしましょう。

通常の授業を一般的な30分の講義の動画に置き換えるだけではあまり効果が期待できませんが、ダイナミックな動画やその他のデジタルメディアを授業に取り入れれば、生徒がそうした視聴覚教材を楽しみつつ、いつもと違った学びを演出することができます。

役立つヒント : 生徒の興味を惹くには、説得力のあるビジュアル素材視覚教材や視聴覚資料、ポップカルチャーを活用してみましょう。教えたいコンセプトと時事問題やポップカルチャーをうまく結びつけることができれば、ビジュアル指導視覚学習の効果も高まります。

4. コンセプトマップでクリティカルシンキングを促進する

コンセプトマップは、アイデアを結びつけ、異なるデータポイントや情報の間の関係を示すのに最適なビジュアルツールです。授業に取り入れれば、クリティカルシンキングを促進し、生徒やアイデアと複雑なテーマを結びつける上で大いに役立ちます。

所定の図形、ラベル付きの線や矢印を使って、アイテム間の因果関係、要件や寄与をコンセプトマップの形で描き出すことで、論理的思考を発展させたり、複雑なシステムを分解したり、大きなトピック内の具体的なアイデアにコンテキストを加えることができます。

Lucidspark のすぐに使えるコンセプトマップテンプレートを使えば、簡単にマップ作りを始められます。対面の授業でもリモート授業でも、コンセプトマップメーカーを使って手早くメモを取り、他の生徒とリアルタイムでブレインストーミングが手軽にできます。

ビジュアル指導戦略
マインドマップの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

5. 授業の前後や途中にグラフィックオーガナイザーを共有する

グラフィックオーガナイザーは、生徒が考えを整理したり、複雑な概念を分かりやすく簡略化したり、問題解決や意思決定に活用したり、共同で研究計画の立案やブレインストーミングをするのに役立つビジュアルガイドです。

グラフィックオーガナイザーを使えば、学習プロセスのさまざまな段階で指導を強化することができます。以下のようなビジュアルが含まれます。

授業の前後や途中にグラフィックオーガナイザーを取り入れれば、生徒がより効果的に情報を吸収し、さまざまな学習スキルを発揮し、長期的な定着と理解のために概念を強化できるようになります。

ビジュアル指導戦略
ベン図の例(オンラインで変更するには画像をクリック)

ビジュアルは指導戦略の面で効果的なだけでなく、あらゆる学習者のニーズに応え、親しみやすく、分かりやすい授業を実現する上でも重要なツールです。

視覚学習戦略をカリキュラムに取り入れることで、情報と学びの間に存在するギャップを埋め、対面授業とリモートやハイブリッド授業の双方で生徒の参画を強め、概念をより深く学んで保持し、長期的な学習成果につなげることができます。

これを達成するための一歩は、適切なツール選びから始まります。視覚学習戦略を強化するには、Lucidspark を活用しましょう。Lucidspark の無制限のホワイトボードに加え、描画ツール、付箋や図形ライブラリなどの直感的に使える機能でリアルタイムのコミュニケーションとコラボレーションが実現でき、視覚学習のあらゆる段階で最適なパートナーとなります。

ビジュアル指導戦略

Lucidspark のバーチャルホワイトボードでイノベーションとクリティカルシンキングの融合を実現。

今すぐ無料で試してみましょう!

Lucidspark のバーチャルホワイトボードでイノベーションとクリティカルシンキングの融合を実現。

今すぐ無料で試してみましょう!

今人気

Zoom’s Lucidspark Zoom App integration

Zoom + Lucidspark連携でさらに充実したコラボレーションを実現

Lucidspark について

Lucidspark はオンラインホワイトボードワークスペースで、あなたとあなたのチームが協力して、最高のアイデアを生み出す事が実現します。チームワークやオンライン会議に必要な付箋やフリーハンド描画機能、画面フォロー機能や無限スペースも全て万全。Lucidsparkを今すぐ活用して、全てのチームをひとつにつなぎましょう。

フォーチュン 500 企業の 99% を始め、世界数百万人のユーザーに選ばれる信頼のパートナー、Lucidchart のメーカーが提供。

利用開始

  • ご利用プラン
  • 個人向けプラン
  • チーム向けプラン
  • 企業向けプラン
  • お問い合わせ
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.