3x3優先順位付けマトリックステンプレート

影響と確率に基づいて行動やアイデアの優先順位付けを行えます。低、中、高に分かれており、従来の2x2マトリックスよりも複雑な構造が活用できます。

このテンプレートを使用
3x3優先順位付けマトリックステンプレート

3x3優先順位付けマトリックスとは?


組織内で多数のアイデアがある可能性は大いにありますが、本当の課題は、最もリスクが低く、インパクトが大きいアイデアを識別すること、または最低でもすべてのアイデアに伴うリスクのレベルを把握し、不測の状況を避けることにあります。3x3リスクマトリックスを使うことで、アクションやアイデアを当て推量ではなく俯瞰的に精査し、リスクの確率レベルと組み合わせた影響の観点から整理することができます。


Lucidspark の3x3優先順位付けマトリックステンプレートでは確率軸と影響軸を使用してリスクを評価しますが、新たな機会に優先順位を付ける場合は、影響や労力など、他の要因を比較のための軸として置き換えて使用できます。


3x3優先順位付けマトリックスの利点は?


2x2マトリックスよりもきめ細かい点です。2x2マトリックスでは、2つの軸でリスクを決定するため、位置づけが曖昧になりがちです。3x3リスクマトリックステンプレートを使用すると、低、中、高のカテゴリで項目を明確に定義でき、チームでリスクをより詳細に整理して、優先順位を付けることができます。


この3x3の優先順位付けマトリックスは、戦略的な決定を下すために使えます。項目間の関係を理解することで、取る価値のあるリスクとそうでないリスクに関し、チームとして戦略的な決定を下すのに役立つフレームワークを確立できます。


関係を視覚化することにはインパクトがあります。3x3リスクマトリックステンプレートで視覚化することで、チームの全員が確率と影響の関係を理解しやすくなります。


Lucidspark で3x3優先順位付けマトリックステンプレートを使用する方法



  1. 目的を決めます。リスクを評価する場合は、影響と確率の軸を使用します。それ以外の場合は、影響と労力など、用途に合わせてテキストを編集します。

  2. ブレインストーミングを開始します。ボードに付箋を配置し、各軸のどこに収まるかを判定します。共同編集者の色分け機能を使用して、チームのメンバー全員の意見を組み込むようにします。よりインタラクティブなブレインストーミングセッションにするため、絵文字リアクションでお互いのアイデアに反応を促すのもよいでしょう。

  3. 行動に移します。この段階でLucidsparkCards を使用し、3x3優先順位付けマトリックステンプレートから得られた情報に基づいてアクションプランを作成します。

関連テンプレート

機能監査

Go to 機能監査 template page

QTPCQ ボード

Go to QTPCQ ボード template page

リスクマトリックス

Go to リスクマトリックス template page

MoSCoW 分析

Go to MoSCoW 分析 template page

利用開始

  • ご利用プラン
  • 個人向けプラン
  • チーム向けプラン
  • 企業向けプラン
  • お問い合わせ
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.