PINGDOM_CANARY_STRING

アジャイルで使える
Retrospective
ツール

最高のアイデアを作り上げたい、次世代のチームワークを求めるあなたの為のオンラインホワイトボードです。 今すぐ無料のトライアルに登録しましょう。

無料で試してみる
Sprint retrospective tools

スクラムとアジャイル開発に最適なレトロスペクティブ

  • Sprint retrospective meeting

    効果的なスプリント振り返りミーティングを実行

    チームメンバーが集まって振り返りミーティングを行うことで、プロセスの改善と次のステップの計画に役立つ前向きで重要なフィードバックを集めることができます。チームで対応が必要な問題と成功している点を視覚化するには、オンラインスプリント振り返りボードが役立ちます。Lucidspark のオンライン振り返りボードを使えば、チームのアイデアを整理し、将来のプロジェクトで実践するのもスムーズ。重要なアイデアや目標に関してチーム全体の共通認識を確立するのにも最適なツールです。 
     

  • Online retrospective board

    スプリント振り返りをリモートで開始して管理

    リモート勤務の場合でも、Lucidspark のスプリント振り返りツールを使えば対面でのミーティングと同様に効果的な議論が進められます。バーチャルホワイトボードやクリエイティブツールは、リモートでもアジャイルプロセスの最適化に関わるメンバー全員で作業を進めたいチームに最適。ホワイトボードへコンテナーを追加、または振り返りテンプレートを選択して振り返りミーティングを開始すれば、自由に使える無限のワークスペースで、アイデア、目標やフィードバックを思う存分出し合い、一か所にまとめて保存することができます。

  • アジャイルのレトロスペクティブ

    どこからでも、誰とでも共同作業が可能

    オンライン振り返りボードをチームメンバーがプロジェクトに関してうまく行っている点やそうでない点を自由に話し合える場にするには、コメント、@mentions、製品内チャットなどの機能を活用しましょう。全員の意見を集め、整理して確認した上で次の段階へ進めるようになります。また、共同編集者ごとに編集内容を色分けしたり、共同編集者を個別にフォローすれば、変更内容の確認も手軽です。すべての編集内容がリアルタイムで反映される Lucidspark なら、コラボレーションがスピーディに進みます。

  • 簡単にスプリント計画を実行が実現するツール

    スプリントのタスクと進捗状況を手軽に管理

    Lucidspark なら、タスクの割り当てからプロジェクトの完了に至るまで、チームのスプリントのあらゆる側面を管理することができます。グループ化支援、タグやカスタムテンプレートなどのツールを使えば、オンラインスプリント振り返りの整理や一貫性の確保も手軽。使いやすいコンテナーで進捗レーンを作成し、ボード内のステータスを追跡・管理することも可能。オンライン振り返りボードが信頼できる唯一の情報源として機能するので、タスク、ステータスやプロジェクトの進捗をメンバー全員で確実に共有することができます。
     

  • 連携できるレトロスペクティブツール

    作成した図を最も人気の高いプラットフォームへ統合

    日常的にチームで使用する数々のツールに Lucidspark Retrospectiveツールを統合すれば、プロジェクト管理やオンライン振り返りボードの組み込みもシームレスに。ホワイトボードをチームの Microsoft Teamsの チャンネルに挿入してコメントや編集権限を付与したり、ボードを Google Drive にエクスポートしてフィードバックなどの作業内容を安全に同期することもできます。また、Lucidspark のスプリント振り返りツールは Jiraとも完全に統合。振り返りからのアイデアをプロセスや洗練された成果物に盛り込むのも手軽です。
     

スプリント振り返りを5つのステップで行う手法

1

オンラインで振り返りボードの作成を開始

Lucidspark で空白のホワイトボードから、または振り返りテンプレートを選択して、スプリント振り返りの作成を始めます。

2

開かれたコミュニケーションの場を設定

振り返りを始めるにあたり、現在のプロセスの継続的改善のための方法を見つけることが目的であることをチームメンバーに伝えます。

3

「4つの L」などのプロンプトに基づいてフィードバックを収集

各チームメンバーが、付箋を使用して、プロジェクト全体で気に入ったこと(Liked)、学んだこと(Learned)、欠けていたこと(Lacked)、あればよいと思ったこと(Longed) (=「4つの L」) に基づいてフィードバックを追加できます。

4

議論の場を設定

アジャイルプロセスの成功点や改善点についてチームで話し合い、改善が必要なアクションアイテムを強調します。

5

アクションプランを作成

プロジェクトや進捗内の個別のステップ改善のための具体的なアクションプランを作成し、ミーティングを終えます。

スプリント振り返りツールに関するよくある質問

モックアップ専用テンプレートを使ってみる

振り返りテンプレート

振り返り

Lucidspark が進化する企業に最適なバーチャルホワイトボードソリューションである理由をチェック

もっと詳しく
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.