PINGDOM_CANARY_STRING

Lucidspark Cards + Jira 連携サービス

Lucidspark Cards for Jira 連携を活用して、作業を視覚的に計画し、潜在的な障害を特定して、全体像を把握。

さらに詳しく

Jira の課題を「可視化」で整理

Jira の課題を直接インポートし、ホワイトボード上でカードの再配置や収集、並べ替えを行ってビジュアルで作業を計画。長い作業リストは、もう確認する必要はなくなります。

Plan your work visually

Add Jira issues to a Dynamic Matrix to better visualize your Lucidspark cards that contain Jira data. Pivot the matrix on multiple axes, filter columns, and move cards around as needed to collaborate and plan your work visually.

チームで常に最新情報を共有

双方向同期で変更はすべて Lucidspark と Jira に自動で反映され、複数のアプリで情報を更新する手間もありません。

付箋を自動で Jira カードへ変換

ブレインストーミングセッションで思いつくアイデアをすべて出し、最高なアイデアを Jira の課題に変換して即座に実行へ。課題は Jira Cloud でバックアップされます。

Jira 課題の依存関係を可視化

課題をグループ化して、ボトルネック、リスクや優先順位を迅速に特定。カードを線でつないで依存関係をマッピングすることで、重要な関連を確認して作業を効率的に順序付けできます。

チームメンバーにタグを付けてカードに投票

チームメンバーを特定のカードに追加すれば、各自の作業内容の確認も手軽に。優先すべきカードを投票で決めることもできます。

テンプレートを試してみる

スプリントの振り返りやスクラムボードなどのテンプレートを使って作図をスピーディに開始。手作業を省き、活発なコラボレーションやアイデアの整理をすばやく始められます。

Lucidspark Cards for Jira インテグレーションを最大限に活用する方法

Lucidspark Cards for Jira インテグレーションでインタラクティブで魅力的な計画セッションを開催。バックログの視覚化、潜在的な障害の特定や全体像の把握もスムーズです。

さらに詳しく

アジャイル計画を Lucidspark のデジタルホワイトボードに移行すべき理由

アジャイル分野のプロ、Bryan Stalling が Lucidspark を時短、ムダの排除や計画セッションの改善に活用する方法をご紹介します。

さらに詳しく

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.