PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidspark Logoマインドマップとは? 書き方から読書術までが分かる
    マインドマップを作成する
Diagram

マインドマップとは?
書き方から読書術まで分かる

マインドマップ書き方ガイドへようこそ!

マインドマップに関してもっと学びたい。
マインドマップの書き方のコツとポイントが知りたい。

目次

この記事を読むのに必要な時間 : 4 分

マインドマップの例や書き方を覚えて、効果的なマインドマップを作成したい場合には「Lucidspark」マインドマップ作成ツールを活用しましょう。

Get started

マインドマップとは?

アイデアや情報の整理を行う際に、困った時はありませんか?そんな時に役立つのがマインドマップです。

マインドマップとは、あらゆる情報やアイデアを引き出す創造的な一種のツールで、情報をリストにまとめるのではなく、アイデアを非線形の自由な形式で文書化することができます。また、マインドマップは、ある1つの概念のさまざまな側面の間の関係性を線で示した図で、ブレインストーミングや情報、効率的な思考法の実現、発想力や読書力にもアップ効果もあると知られている一種の思考法です。

マインドマップを使うことで、自由自在にブレインストーミングを行い、アイデア、情報、作業や自己分析などを手軽に整理することができます。マインドマップの中央に中心となるアイデアや目標を配置したマップで、関連するテーマや具体的なアイテムを中央のアイデアへとつなぐブランチとして線を使います。 

他の構造化された図やマップに比べて、マインドマップは創造的にアイデアを整理することができます。紙とペンを使って手描きで作成する場合でも、Lucidspark などのマインドマップツールを使用する場合でも、好みの書式、スタイル、色やアイデアを自由自在に使って情報を整理し、保持することが実現します。

マインドマップの使用目的

マインドマップの活用メリット

マインドマップには、ビジュアルとしても、実践の手段としても、さまざまな利点があります。

  • 学習と創造性の向上 : 文書にメモを取るだけでも情報を学習しやすくなりますが、マインドマップを使うことで、単なるメモ書きからさまざまなアイデア間のつながりが構築できるようになり、アイデアの相互の関連を見出すプロセスから、これまでに思いつかなかった新しいつながりが発見できるようになります。
  • 記憶保持の改善 : 人間の脳は、単語の羅列よりも視覚的なイメージに対してはるかに優れた反応を返します。マインドマップの形で情報を整理することで、視覚的に情報をコンテキスト化し、中心となるトピックにまつわるテーマや概念をつなげられるようになります。色や図形などの視覚的な要素を追加すれば、重要な詳細情報をさらに記憶しやすくなります。
  • 複雑な概念やプロジェクトの簡略化 : マインドマップの構造は、大きなコンセプトの本質を見出し、理解する上で最適です。中心となるコンセプトをより分かりやすいアイデアへと視覚的に分解することで、大きな概念やプロジェクトをどう小さなアイテムやタスクに分解できるかを把握できるようになります。
  • 柔軟 : マインドマップは、テーマや受け手に関係なく、必要に応じて好きなように、好きなタイミングで作成できます。一人で作成しても、グループでのブレインストーミングやアイデアのプレゼンのためにも役立つツールです。また、構造が非常に直感的なため、初心者から上級者まで手軽に活用できます。

    マインドマップとは?

Get started

マインドマップの要素

マインドマップはどれもそれぞれに異なりますが、一般的には以下の要素を含める必要があります。

  • メインのアイデア : あらゆるマインドマップの中心となるのが主となるアイデア、イベントやプロジェクトです。これは、マインドマップの作成方法に応じて、ページの中央、片側や上部に配置することができます。
  • いくつかのメインテーマ 「ブランチ」: 中心となるコンセプトから、いくつかのメインテーマに直接分岐します。こうしたテーマは通常、第1レベルの関連と呼ばれ、幅広いカテゴリーとしてさらに小さなアイテムに分岐していきます。あまり数を多くせず、最大7つ程度にとどめます。
  • 小さいアイデア 「サブブランチ」: より小さく、具体性の高いアイデアは「小ブランチ」、第2、第3、第4レベルの関連などと呼ばれます。小ブランチが分岐するにつれ、情報が具体化していきます。
  • キーワード : 情報を簡潔に要約するため、完全な文章ではなくキーワードを使用します。こうしたキーワードを使うことで、より創造的で分かりやすいマインドマップを構築することができます。
  • 色や画像、イラスト : 色や画像は必須ではありませんが、使うことでマップが見やすくなり、情報の保持に役立つとされています。

マインドマップの描き方ステップ

以下では、効果的かつ包括的なマインドマップの書き方ステップを紹介しています。

  1. 主となるアイデア、タスクやコンセプトから開始 : プロジェクトの計画、アイデアの深堀り、問題の解決策のブレインストーミングなど、マインドマップの目的を決めます。ブランチや個々の項目を追加できるスペースを確保しながら、文書の中央に中心となるトピックを配置します。 

例として、「マインドマップ」という概念を解説してみましょう。

マインドマップの作成ステップ1
  1. 主となるトピックにブランチを追加: トピックを基本的なサブトピック、テーマやタスクに分解します。図をシンプルに保つため、各ブランチをキーワードや短いフレーズへ落とし込みます。

例えば、「マインドマップ」は次の3つのカテゴリーに分類することができます。

マインドマップの作成ステップ2
  1. ブランチをさらに細かく追加 : 主なサブトピックを特定したら、具体例を追加して肉付けしていきます。広範で重要度の高いアイデアが中心のトピックから離れないよう、整理します。

この例では、サブトピックである「利点」を以下の重要なアイデアに分解します。

マインドマップの書き方ステップ3
  1. ビジュアルやイラストを追加 : 情報を視覚的に伝えられるという点で、マインドマップは非常に効果的です。色や画像を追加することで、こうした効果を高め、さまざまなテーマや知識レベルを区別することができます。Lucidspark では、フリーハンドで線や図形を描画して多彩な関連を区別し、マップ全体で特定の箇所に注意を集めることもできます。

個々のセクションを色分けしたり、特定のアイデアの識別に役立つ小さなグラフィックを追加してマインドマップを整理することもできます。

マインドマップのビジュアル

 

マインドマップはこんな場面で使える

マインドマップは、大局的な思考、問題解決や計画立案の改善にとても有効なツールです。チームのコラボレーションを促進し、ブレインストーミングと学習プロセスを強化するために、あらゆるシナリオで活用することができます。以下では、マインドマップの活用例を紹介しています。

学習にも活用できるマインドマップ

指導や学習の対象にかかわらず、情報を視覚的に示すことで、重要なコンセプトを簡素化し、創造的な学習アプローチを実現できるようになります。教員と学生や生徒の両方がマインドマップを活用することで、貴重な学習機会を推進し、学習内容の定着を最大化することができます。

ブレインストーミングでも使える : 新しい概念の紹介、問題解決スキルの指導、全体的な理解の支援などにマインドマップを使用することができます。教員がクラス全体のために中心的なマインドマップを作成するほか、生徒や学生にマインドマップを各自で作成させたりすることもできます。

理解度のテストにも役立つ? : 生徒や学生にマインドマップを作成するよう指示し、新しい概念や課題図書の理解度を測ることができます。

問題解決方法の指導 : マインドマップを使って教員が仮説や現実の問題の概要を示し、生徒や学生にさまざまな解決策をブレインストーミングさせることができます。解決策を個別のタスクに分解することで、解決までに必要となるステップを把握しやすくなります。

生徒や学生向けのマインドマッピングの技術

ノートのまとめ : ノートに書き写した情報を咀嚼し、記憶しておくのは難しいものですが、情報を美しい見た目の図にまとめておくことで、あらゆるテーマの理解を深めることができます。

概要の作成 : 線形ではなく、マインドマップを使用して概要を作成することで、学生がページ上に思考やアイデアを手早く書き出せるようになり、さまざまなコンセプトや概念を整理するのに最善の方法が見つけやすくなります。

ビジネスや企業でも使えるマインドマッピング

ビジネス組織の繁栄には、創造的なコラボレーションが実現できる環境を育むことが欠かせませんが、こうした目的を叶えるのがマインドマップです。ここでは、生産性と効果的なチームワークを強化するために組織で実践できるテクニックをいくつか紹介します。

グループ思考に便利 : マインドマップを作成しながら議論することで、プロジェクトや問題などに関する共通認識を確立することができます。チーム全員でこうした場を持てば、一人ひとりがアイデアを持ち寄り、そうしたアイデアの理解をその場で共有する機会となります。

プロジェクトの計画 : 包括的な目標に磨きをかけ、管理可能なタスクに分割することで、プロジェクトの計画が大幅にスムーズになります。タスクの割り当て、リソースの予算設定やプロジェクトのタイミングの見積もりにもマインドマップが役立ちます。

意思決定 : 簡単なマインドマップを作成することで、チームでさまざまな要因を検討し、思慮深く慎重な意思決定につなげることができます。1つの図の中で長所と短所を手軽に整理し、問題に対する違ったアプローチを見出し、起こりうる結果を熟考することができます。


Lucidsparkでマインドマップを作成すれば、チームと一緒におしゃれで、わかりやすいマインドマップのデザインが簡単に実現します。直感的で使いやすい操作方法で、複雑な操作無しで安心してマインドマップの作成を実行させ、テンプレートを活用すれば、さらに素早く、時間を費やさずに、マインドマップ簡単に作れるツールを提供しています。

マインドマップの例や書き方を覚えて、効果的なマインドマップを作成したい場合には「Lucidspark」マインドマップ作成ツールを活用しましょう。

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシーリーガル
© 2021 Lucid Software Inc.