PINGDOM_CANARY_STRING
ビジョンステートメントの作成

有意義なビジョンステートメントの書き方

読み取り時間 : 約1分

もしも水晶玉の中にビジネスの未来が見えるとしたら、その未来はどのようなものでしょう?どんな未来であってほしいでしょうか。ビジョンステートメントとは、こうして未来を考え、自社のビジネスにどんな未来が待ち受けているかを想像し、定義する中で生まれるものです。

ビジョンステートメントの作成は面倒な作業にも思えますが、実際は、事業の戦略と方向性の基盤を決める上で非常に重要な部分です。

明確に文書化されたビジョンがなければ、そのビジネスは、明日、来年、あるいは5年先のことを考えずに「今」だけを見据えて動いていることになり、方向性がまったく見えない状態になります。これでは、企業の革新性、適応性やリスクの低減といった能力にも大きな影響が及びかねません。

したがって、ビジョンステートメントはただ作成すればよいというものではなく、全社的な目的を推進し、組織全体で共通認識を醸成できるようなものを定める必要があるのです。

以下では、ビジョンステートメントの概要と適切な書き方、人材を動かし、成果につなげるビジョンステートメントを作成するための実用的なヒントを紹介します。

ビジョンステートメントとは?

ビジョンステートメントとは、企業のアイデンティティを定義するもので、将来、一般的には5年先や10年先の自社のありたい姿を未来志向で書き出したものを指します。

最も基本的なレベルでは、以下のような問いかけへの答えとなるものです。

  • 誰のためにビジネスを行うか?
  • 1年後、5年後、10年後にどのような企業でありたいか?
  • そのビジョンを実現するために何をするか?
  • なぜこれらの目標が重要なのか?

したがって、企業の現在と将来の目標を説明し、それを達成するためのロードマップを示す文書といえます。

ビジョンステートメントとミッションステートメントの違い

ビジョンステートメントとミッションステートメントは混同されがちですが、それぞれ異なる目的を持ち、別の目標を目指すものです。

ビジョンステートメントが企業の将来の方向性に焦点を当てているのに対し、ミッションステートメントはその現在に焦点を当てています。

言い換えれば、前者は自社が将来目指す状態を、後者は自社の現状と目的とを示しているのです。

どちらも、企業の日常業務の道案内役として、また共通の目的へ向かうための指針として重要です。

ビジョンステートメントの目的

では、ビジョンステートメントは何のために作るのでしょうか。単純に目標を立てて、それに向かって進んでいくことはできないのでしょうか?確かにそれも可能ですが、それでは大きなことを達成するのは難しいでしょう。

ビジョンステートメントの目的は、組織の長期的なポジションと目的を明確に定義することで、企業の存在意義を凝縮したものと言えます。

ただ、単に将来の夢を美辞麗句で語ったものであってはならず、以下のような役割を果たし、指針となるステートメントでなくてはなりません。

  • 組織の長期目標と方向性を明確化する
  • ビジネスの長期的な戦略計画を設定する
  • 組織全体の方向性を一致させる

質の高いビジョンステートメントを定めれば、行う業務すべてに意義と目的が生まれ、個人やチームが一致団結するための目標として、日々の業務のモチベーションを高めてくれるはずです。

重要なのは、適切なステートメントを設定することです。

「優れた」ビジョンステートメントとは?

ビジョンステートメントの作成

モチベーションを高め、効果的なビジョンステートメントを作成するには、慎重に検討し、計画して実行する必要があります。ただ、「優れた」ステートメントはどこが違うのでしょうか?

よいビジョンステートメントには、以下のような特長があります。

  • 明確で簡潔。簡潔に、要点だけを伝えるようにしましょう。後で内容を膨らませることもできますが、会社のビジョンを明確に伝えるため、1~3文の簡潔なビジョンステートメントとするようにします。
  • 未来志向。ビジョンステートメントとは、現状ではなくありたい姿を示すものです。未来に目を向けましょう。
  • 期限が定められている。ビジョンは、目標達成を目指す将来の具体的な時点に向かって定めます。そうしないと、いつまでもたっても来ない「いつか」を目指し続けることになります。
  • 目標ありき。組織で達成したい明確かつ測定可能な目標を特定します。こうした目標が、従業員やチームが団結して仕事に取り組むためのベンチマークとなります。
  • 野心的ながらも現実的。夢は大きく。でも過大ではいけません。ビジョンステートメントは、野心的でありながら、現実に即したものでなければなりません。達成不可能なビジョンを設定すると、モチベーションが上がるどころかやる気が失せ、まったく無意味なものになってしまいます。
  • 抽象的。細部に拘りすぎないことが大切です。ビジョンステートメントはロードマップを完全に文書化したものではなく、組織の戦略的方向性を大まかに示す一般的な内容とすべきです。

ビジョンステートメントの作成方法

では、どこから手を付けるべきでしょうか?ビジョンのような野心的で遠大なテーマを明確化するのは容易でなく、適切にステートメントを設定するには時間をかけて検討する必要があります。組織を前進させるビジョンステートメントを完成させるには、以下のステップに従いましょう。

組織の目的を定義する

ビジョンステートメントとは、結局のところ、組織の目的を伝えるために定めるものです。自社のビジネスの内容を明確にすることが大切です。

まずは、ホワイトボードやバーチャルブレインストーミングの資料にアイデアを自由に書き込んでみましょう。文体や表現は後で削ったり修正できますので気にせず、ページに言葉を並べていくうちにテーマが見えてきて、トーンや方向性を表す表現を引き出すことができます。

組織のリーダーと共同で作成する

ビジョンステートメントを作成する際は、1人ではなく、経営陣からの意見も取り入れ、共感が得られるビジョンを共同で作り上げましょう。

グループでブレインストーミングする時間を取り、最も重要な目標や業績を特定して進みたい方向性についてコンセンサスを確立するのがおすすめです。

ビジネスのコアバリューを概説する

ビジョンステートメントには、自社のビジネスのコアバリューを反映させる必要があります。逆算で自社のコアバリューを特定して文書化し、それを目標やビジョンに結びつけていきます。

将来あるべき自社の姿を見据える

ビジョンは現在の取り組みにも影響を及ぼしますが、本来は将来を見据えたものです。ビジョンを明確化する際には、しっかりと未来を見据えたものにしましょう。

将来ありたい姿を見定めるのは、現在の状況を認識することから始めましょう。自社のビジネスや業界の現状を評価し、うまく行っている点、変えたい点を考えてみます。この2点のギャップを埋めるのがビジョンステートメントの内容となるはずです。

戦略的フレームワークを導入してビジョンステートメントの進捗状況を確認する

ビジョンステートメントの真の魅力は、共通のビジョンに向かって皆を動機づけ、調整し、鼓舞する力にあります。どんなに立派なステートメントを作っても、真意が伝わらず、行動に移されないようでは、求めている成果は得られないでしょう。

戦略的なフレームワークを導入して進捗状況を測り、行動を促し、組織全体の整合性を図れば、導入初日からビジョンステートメントを最大限に活用することができます。

これに適したツールの一つがバランススコアカードです。バランススコアカードテンプレートを使えば、戦略目標の定義や、管理可能な目標とマイルストーンへの分解のプロセスが効果的に進みます。

バランススコアカードのテンプレート
このバランススコアカードのテンプレートを試してみる

Lucidspark なら、スコアカードのカスタマイズや他のステークホルダーとのコラボレーションも手軽。共通認識を育てるのに最適で、議論の途中での取りこぼしも防げます。ビジョンを実行可能な小さな手順へ分解すれば、戦略的な意思決定を行いながら共通の目標に向かって進むプロセスもスムーズになります。

バランススコアカードのテンプレート

ビジョンと戦略的目標を描くのに役立つバランススコアカードのテンプレートです。

このテンプレートを試す

ビジョンと戦略的目標を描くのに役立つバランススコアカードのテンプレートです。

このテンプレートを試す

今人気

Zoom’s Lucidspark Zoom App integration

Zoom + Lucidspark連携でさらに充実したコラボレーションを実現

Lucidspark について

Lucidspark はオンラインホワイトボードワークスペースで、あなたとあなたのチームが協力して、最高のアイデアを生み出す事が実現します。チームワークやオンライン会議に必要な付箋やフリーハンド描画機能、画面フォロー機能や無限スペースも全て万全。Lucidsparkを今すぐ活用して、全てのチームをひとつにつなぎましょう。

フォーチュン 500 企業の 99% を始め、世界数百万人のユーザーに選ばれる信頼のパートナー、Lucidchart のメーカーが提供。

利用開始

  • ご利用プラン
  • 個人向けプラン
  • チーム向けプラン
  • 企業向けプラン
  • お問い合わせ
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2022 Lucid Software Inc.